埼玉県 北海道 札幌 クルーザー 東京 テレビ 夏休み ドリンク 株式会社 調布" />
So-net無料ブログ作成

小型機墜落で東京調布市がやばい?株式会社ベルハンドクラブの正体

東京の調布市で小型飛行機が墜落する事故があり、
乗っていた2人と民家に1人の合わせて3人が亡くなりました。


墜落した場所は知っている人もいるかもしれませんが、
「味の素スタジアム」から0.5kmぐらいの場所です。
〒182-0033 東京都調布市富士見町1-24-12


そしてこの飛行機所有かもしくは貸し出ししていた
株式会社ベルハンドクラブというところです。


早くもネット上では株式会社ベルハンドクラブについて話がもちきりです。


今まで何度か小型飛行機が不時着する事故はありませんでしたが、
死人はでませんでした。


でも今回ついて起きてしまいましたね!



最近になってドローンの問題や、オスプレイの問題など
自分の頭上で飛んでいるものがどういう危険性があるのか全く
わからないもの、が空をゆうゆうと飛んでいるから本当に困ったものです。


しかも人間が目で物を見る時一番の死角になるのは頭上です。


下や横を見ながら歩く人や運転をする人はいますが、
頭上は普通は見ていないので、何か頭上から落ちてきても
全く気付くことができません。



そのため無防備の為、体をかまえているわけでもないので、
少ない衝撃でも死にいたるわけです!



今回も近く住民の話だと「何か飛行機のエンジン音が近くで聞こえるな~」と
思った約10秒後には墜落してます。




スポンサードリンク







今回、犠牲になった住民の女性もおそらく洗濯物を取り込んでいたか、
夕飯を作っていたか、テレビを見ていたくらいの時間帯のはずです。



これじゃどうすることもできなかったでしょう!


また、この墜落した小型飛行機JA4060は2004年に
北海道・札幌市の丘珠(おかだま)空港で着陸に失敗し、機体を損傷する事故を起こしており、
この時と今回の墜落機は全く同型ということで、おそらくこの飛行機に
関してもこの飛行機を操縦していた人もそしてリースしていた、
株式会社ベルハンドクラブにも責任追及がはじまるはずです。



といういか国土交通省は2004年の事故の時、
何か対策をしなかったのでしょうか?
または対策を講じたが今回の事故が起きたのでしょうか?



なんどもいうよう今回事故を起こした飛行機は株式会社ベルハンドクラブが
所有しているJA4060というのはわかっています。



全長は8.81メートルと本当に小型飛行機で
乗客は最大で5名、乗員は1名という飛行機です。


またこの飛行機を所有していたベルハンドクラブ社は
富裕層向けの完全会員制クラブということです。



ということは今回飛行機に乗っていた乗客も
それなりの金持ちだということが想像できます。


またこの株式会社ベルハンドクラブの本社の前には
小型飛行機の模型が飾られています。


そしてこの同型の飛行機は2005年7月にも埼玉県で事故を起こしてます。
この時は死亡者はいませんでしたが、航空重大インシデント
を起こしてます。


インシデントとは航空機でいうと「ニアミス」と同じ意味で、
重大事故にはならなかったが、一歩手前の事故のことを
インシデントいうみたいです。




スポンサードリンク







その他株式会社ベルハンドクラブは高級クルーザーや
高級車の貸し出しも行っているということです。



まぁ自分みたいな一般市民には、なじみのない会社というわけです。



まとめ

今回は国土交通省も本格的に調査が入るということで、
事故の経過も気になります。



にしても今は夏休みの最中ですし、これじゃおちおち
外にもでられません。



しかも小型飛行機が家につっこんできたら家の中にいても
安全ではないということです。



こういう会社を利用する芸能人と言ったら叶 姉妹ぐらいでしょうか?



ちなみ小型飛行機は中古なら200万円ぐらい~購入できます。
でも維持費が年間で240~300万円近くになります。



これがネックですね!




スポンサードリンク







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。